MENU

グループ指導と個別指導 どちらも学べる学習塾 栄光ゼミナール公式サイト

こちらのイベントは受付を終了しています。

9月理科実験教室「チリメンモンスターをさがそう」

9月理科実験教室「チリメンモンスターをさがそう」

「チリメンモンスター」とは、ちりめんじゃこの中に入っている小さな生き物たちのことです。最近は、アレルギーの心配などにより、じゃこ(イワシの稚魚)以外のものが入っているものを見かける機会は少なくなってしまいました。しかし、漁をしたときの網の中には、たくさんの海の生き物が混じっています。それをそのまま、天日干しされたものを観察し、海の生き物の多様性に触れるのが今回の実験です。
チリモンは、いろいろな魚のこども、タコやイカ、エビやカニのこどもなど…たくさんの種類がいます。今回は、大きな分類に注目し、標本作りにチャレンジします。

協力 きしわだ自然資料館
チリメンモンスター(略称チリモン)は、きしわだ自然友の会の登録商標です。また、加工水産物としての商品「チリメンモンスター」は、株式会社カネ上の登録商標です。

日程 9/9(土)・10(日) ※教室により異なります。
時間 ①10:00~11:30 ②13:00~14:30 ③15:30~17:00 ※教室により異なります。
対象 小学2年生、小学3年生のお子さま
持ち物 筆記用具、はさみ

お申し込み受付を終了しました。

たくさんのご参加ありがとうございます。

 

実験で配るちりめんじゃこは食用ではないので食べれられません。
また、「エビ」「カニ」などが含まれるため
「甲殻類アレルギー」をお持ちのお子さまはご参加いただけません。

お友だちを誘って実験に参加しませんか?

参加者全員にプレゼント

実験に参加された方には、チリモン図鑑パンフレットをプレゼント!

当日のタイムテーブル

タイムテーブル例(10:00~11:30の場合)

10:00~10:05 ガイダンス
10:05~10:25 学力診断(算数・国語 合わせて20分)
10:25~10:35 休憩・移動
10:35~11:30 理科実験教室

※お子さまが「学力診断」を受けている間に、今回の理科実験のポイントのご説明や、9月からの学習内容についてご案内いたします。その後、理科実験教室をご見学いただきます。

今回はこんな実験内容です

  • 1.チリメンモンスターとは?

    「チリメンモンスター」とは、ちりめんじゃこの中に入っている小さな生き物たちのことです。
    紙の上にちりめんじゃこを広げて観察します。そのほとんどは、白い小さな魚=カタクチイワシですが、その他にもたくさんの生き物を見つけることができます。46億年前に地球が誕生して、38億年前にたった1つの細胞からスタートした生き物は、実に様々なかたちに進化しています。その多様性の一片をこのチリメンモンスター探しで触れることができます。

  • 2.チリメンモンスターのなかまわけ

    数えきれないほどの生き物が、紙の上に広げられています。しかし、よく見ると「似たからだのつくり」を持っている『なかま』を見つけることができます。
    ひれがあるなら『魚のなかま』。からだがかたい殻でおおわれているなら『エビ・カニのなかま』。最後に、「からだがやわらかそう」なものが残るので、『タコ・イカのなかま』の3つに大きくなかまわけしていきます。

  • 3.標本をつくろう

    『魚のなかま』の中にも、たくさんの種類があります。そのうちの1匹を代表として標本台紙に貼りつけていきます。1つ1つの魚の名前も気になりますが、すべての生き物を正確に分類することは難しいので、今回はたくさんの種類を見つけることを優先します。最後にみんなと見比べたときに、自分だけが見つけた"レア・チリメンモンスター"がいることに気がつくかもしれません。
    ※今回お渡しする実験キットの中身はランダムになっており、ポスターやHP・テキスト内で紹介したチリモンが入っていないことがあります。あらかじめご了承ください。

  • チリメンモンスター発祥の地  
    きしわだ自然資料館より

    チリメンモンスターには、私たちが知らない世界が広がっています。是非その多様な世界に触れていただくと共に、チリメンモンスター探しを通して、何か新しい気づきや疑問を見つけてください。そして、その気づきや疑問をそのままにしておくのではなく、図書館等を使って頑張って自分で調べてみてください。きっと素晴らしい発見がみなさんを待っていると思います。

    ●きしわだ自然資料館とは
    岸和田市周辺(大阪府南部)の自然について学べる博物館です。展示室には、実物標本や模型、ジオラマなどがたくさんあり、見て、ふれて、体験することで、身近な自然のことをしっかり学ぶことができます。

    住所:大阪府岸和田市堺町6-5   
    ※南海本線 岸和田駅 徒歩15分
    電話番号:072-423-8100
    https://www.city.kishiwada.osaka.jp/site/shizenshi/

  • 理科実験 担当者の声

    子どもたちは、「これは何??これは??」と、ものすごい勢いで名前を知りたがります。"名前がわからないような、難しい、珍しいものを発見することができた!"と知ることの楽しさを感じてもらえたら、今回の実験のねらい通りでとても嬉しいです。 もっと知りたい!と、学びが続くようなきっかけになったお子さまには、以下のサイトをご紹介します。

    魚の名前をもっと詳しく、知りたくなったら・・・
    チリモン図鑑:http://www.chirimon.jp/ にアクセスして、すでに発見されているモンスターかどうか、'レア度'をチェックしてみてくださいね。

同時開催

  • 学力診断20分(算数+国語)~思考・表現力~

    今回の学力診断では、9月からの学習に向けて身につけておきたい「基礎学力」と、「思考・表現力」の2つの力を確認することができます。計算や単位換算、漢字や言葉のきまりといった基礎問題から、図形を観察したり、文章を読みとり「思考・表現」する問題までを出題しています。
    これらの問題を解くことで、基礎学力だけでなく、算数・国語の考え方「思考」を学ぶことができます。そして「考え方」がわかると、今まで見たこともないような問題に出会っても答えを導くまで考えることができるようになります。

    ★算数・国語合わせて全部で20分です。理科実験教室の前に取り組みます。

  • 保護者セミナー

    お子さまがテストを受けている間に今回の理科実験のポイントのご説明や9月の学習内容についてご案内いたします。その後、理科実験教室を見学できます。

理科実験教室のねらい

  • 「学ぶ楽しさ」を知る第一歩

    「理科の楽しさを一人でも多くの子どもたちに体験してほしい!」

    そんな教務担当者の熱い想いで生まれた栄光の理科実験教室は、2017年で18年目を迎えます。
    ここまで私たちが大切にしてきたもの。それは、子どもたちに「自らの体験を通じて、大きな感動を味わってもらうこと」です。
    学ぶことを楽しいと思う気持ちは、知ることの喜びを感じたときに育まれます。そこで、理科実験という「驚き」と「感動」に満ち溢れた体験とともに、知ることの喜びを感じてもらうことで、より大きな「学びへの意欲」を育むことができるのです。
    栄光の理科実験教室では、「驚き」と「感動」で子どもたちの瞳をキラキラと輝かせることによって、子どもたちが「学ぶ楽しさ」を知るための第一歩を踏み出すお手伝いをしています。

  • 興味の広がりは、「未来の可能性」の広がり

    栄光の理科実験教室で取り上げるテーマは、身近に潜む古典的な科学から最新のテクノロジーまで様々です。

    少々難しい内容でも、低学年の子どもたちに分かりやすく工夫された教材を使用します。 理科に関する幅広いテーマを、実際の実験を通して学ぶことによって、実体験の伴った「生きた知識」を身につけることができ、子どもたちの興味を広げるきっかけにもなります。

  • 「なぜ?」「どうして?」の積み重ねが、これからの時代を「生きる力」になる

    テクノロジーがますます進化する未来では、今よりもさらに、自ら課題を見つけ解決策を考えることができたり、新しい価値を生み出すことができる人材が求められるようになります。 そんな時代を生き抜くためにも「自ら学び、考え、行動する」姿勢を育むことが大切です。

    少々難しい内容でも、低学年の子どもたちに分かりやすく工夫された教材を使用します。 理科に関する幅広いテーマを、実際の実験を通して学ぶことによって、実体験の伴った「生きた知識」を身につけることができ、子どもたちの興味を広げるきっかけにもなります。

 

最新のイベント

一覧を見る

学年別イベント

過去のイベント

資料請求(無料)

  • 教室ごとの時間割
  • 受講料のご案内 など、

詳しい資料をお送りします。

資料請求(無料)

体験学習

ご希望のコース・教科をすべて体験することができます。

受講料:
無料
教材費:
540円~7,020円(税込)

(1教科あたり)

教師1人に生徒2人の個別指導を2講座まで体験できます。

受講料:
4,320円(税込)

※別途教材費等が必要となります。

体験学習を申し込む