MENU

グループ指導と個別指導 どちらも学べる学習塾 栄光ゼミナール公式サイト

2017年 公立中高一貫校 合格者

東京300名/総数546名

  • 都立小石川中

    20名

  • 都立白鷗高附属中

    42名

  • 都立両国高附属中

    20名

  • 都立桜修館中

    58名

  • 都立富士高附属中

    29名

  • 都立大泉高附属中

    20名

  • 都立南多摩中

    25名

  • 都立立川国際中

    18名

  • 都立武蔵高附属中

    13名

  • 都立三鷹中

    29名

  • 千代田区立九段中

    26名

東京都内公立中高一貫校対策は栄光ゼミナールにお任せください!

栄光ゼミナールでは、エリア別にカリキュラム・教材を整え、学校別にきめ細かく対策を行うとともに、模試や特別講座など総合的な受検対策企画でお子さまの成績向上へとつなげます。 2017年は、都内公立中高一貫校に300名の合格者を輩出することができました。
これまで蓄積してきた指導のノウハウをもとに、都内にある栄光ゼミナール各教室で責任を持って指導しますので、都内公立中高一貫校合格を目指すお子様に安心してお通いいただけます。

東京都内公立中高一貫校の入試の仕組み

都内の公立中高一貫校は都立中が10校と、千代田区立九段中等教育学校を含めた計11校があります。2015年度の入学者選抜以降、都立中では全校共通の問題(共同作成問題)と各校が独自に作成する問題(独自作成問題)を組み合わせた問題が出題されます。ただし、九段中は適性検査1~3の全てを独自作成問題が出題されるので注意が必要です。

東京都内公立中高一貫校対策は栄光ゼミナールにお任せください!

栄光ゼミナールでは、エリア別にカリキュラム・教材を整え、学校別にきめ細かく対策を行うとともに、模試や特別講座など総合的な受検対策企画でお子さまの成績向上へとつなげます。 2017年は、都内公立中高一貫校に300名の合格者を輩出することができました。
これまで蓄積してきた指導のノウハウをもとに、都内にある栄光ゼミナール各教室で責任を持って指導しますので、都内公立中高一貫校合格を目指すお子様に安心してお通いいただけます。

※配点比率は小数点以下第1位を四捨五入しているため、合計しても100%にはならない場合があります

東京都内公立中高一貫校の共同作成問題の出題傾向と指導のポイント

合格まで一歩ずつ着実にレベルアップできます

東京都内公立中高一貫校の適性検査問題は小学校で学習する基礎的な学力をもとに、文章・会話・資料を正しく読み取り整理する読解力と、文章で解答を作成する表現力が求められるため、適性検査独特の出題形式・解答方法に慣れ、幅広いテーマの問題演習を重ねていく必要があります。
栄光ゼミナールでは、基礎学力養成の時期と実践的な問題演習による合格力を身につける時期を明確に分け、授業内演習や家庭学習課題を無理ない難易度の問題からスタートすることによって、一歩ずつ着実に合格レベルまでステップアップすることができます。

<共同作成問題>適性検査Ⅰ 主に国語・作文(45分)

与えられた2つの文章の内容を的確に読み取り、自分の考えを論理的かつ適切に表現する力が問われます。過去の共同作成問題では、文章の内容に対し筆者の主張や文章内容を30字程度でまとめる記述の問題が2題と、2つの文章をふまえ自分の体験や考えをまとめる400~440字の作文が出題されます。配点は読解問題が40%、作文が60%ですが、いずれの問題も示された条件に対して適切に解答することがポイントです。

共同作成問題 出題例

2015年度
「人に伝える」に関する二つの文章の読解問題2題と作文
2016年度
「読書」に関する二つの文章の読解問題2題と作文
2017年度
「常識からの自由」に関する二つの文章の読解問題2題と作文

栄光ゼミナールではこう指導します

適性検査Ⅰの文章は2編合わせて3,500字ほどです。45分という限られた時間の中で、「文章2編を読み取る」「読解問題2題に答える」「それぞれの文章の要旨をまとめる」「自分の考えを述べる」「見直しをする」の5つの作業を行わなくてはいけません。このそれぞれの作業を時間内で行える受検生にするため、カリキュラムは小5からスタートします。文章を読む速度を1分間に500字ほどのペースにできると、7分間で読めます。読解問題は傍線部の前後をよく読み、文章中の語句を使って記述するのがポイントです。栄光ゼミナールではポイントをおさえながら国語のテキストに載っている説明文を使い、文章を素早く読む練習や要旨をまとめる練習を行います。また作文は自分の考えを論理的に述べる練習を重ねることで書けるようになります。
こうして適性検査Ⅰに必要な基礎力を通常の授業で養い、志望校別適性検査対策ゼミや「栄光の森」などの特別講座で、実践形式の演習を積み重ね、問われている内容を正確にとらえ思考する力、他者に対して論理的に説明する表現力を鍛えます。

<共同作成問題>適性検査Ⅱ  主に算数・社会・理科(45分)

大問3つがおおむね算数・社会・理科に分けられています。それぞれの小問が3~4題ずつあり、文章で説明する問題が全体の70~80%を占めます。問題数は他県の適性検査問題と比べても少ないですが、長い会話文や複数の資料を正確に理解し、条件通りに解答することが求められるため、時間内に解き終えるだけの解答作成力も必要になります。

共同作成問題 出題例

2015年度
1(算数) 速さの考え方を利用した天体の公転に関する問題
2(社会) グラフを分析する問題・地図と地球儀について考える問題
3(理科) さまざまな形の立体を水中にしずめる実験に関する問題
2016年度
1(算数) 渋滞の起きる仕組みを元に、条件整理と速さを融合させた問題
2(社会) 歴史や地理を題材にした資料を読み取り答える問題
3(理科) アゲハの幼虫やさなぎに関する実験考察の問題
2017年度
1(算数) 立体図形から論理、規則性と様々なジャンルを融合させた問題
2(社会) 野菜の生産量などの図表から読み取り答える問題
3(理科) プラスチック球で作った砂時計についての実験考察の問題

栄光ゼミナールではこう指導します

適性検査当日は、どの問題が何点なのか、配点が不明のまま解答しなくてはいけません。私立中の問題も解答欄に得点が書いてあるなどということはありませんが、過去問題集を解いていれば大体わかります。しかし、東京都の適性検査Ⅱは毎年小問ごとの得点が大きく異なり、しかも、大問2の問題1は6点で、問題2は24点というように、点差が大きいのです。大切なのは、配点を見抜いて選んで解くより、9つの小問すべてに目を通して45分間で素早く処理することです。栄光ゼミナールの授業では各問題を素早く解くための方法をていねいに教えていきます。そして、十数行にわたる会話文と資料や表、グラフから、必要な情報を読み取り、正確に計算し、考えたことをシンプルに記述する。それを9回繰り返しても疲れない持久力を養います。
こうして適性検査Ⅱに必要な持久力と正確さ、表現力を通常の授業で養い、志望校別適性検査対策ゼミや「栄光の森」などの特別講座で、実践形式の演習を積み重ね、問題文の意図を理解する力や情報を適切に抜き出し思考する力、簡潔に説明する表現力を鍛えます。

栄光ゼミナールなら独自作成問題対策も万全です

東京都内の公立中高一貫校では、各校が独自に作成する問題(独自作成問題)は各校が求める生徒像を表した問題が多く出題されます。そのため、各志望校独自の対策が必要となります。
栄光ゼミナールなら、独自作成問題の対策も万全です。

東京都の公立中高一貫校対策は栄光ゼミナールにお任せください

栄光ゼミナールは2005年度の白鷗高等学校附属中開校以来、いち早く専門コースを立ち上げ、指導をすすめてきました。東京都内公立中高一貫校については2015年から共同作成問題が導入され、共同作成問題+独自作成問題という独特な選抜方法となっています。合格に必要な力は志望校により様々ですが、学校別対策をどうすすめるかが東京都においては極めて重要です。「学校が求める生徒像」と「本人のタイプ」が合っているかどうかを見極めることが合格へ向けての対策の第一歩と言えるでしょう。栄光ゼミナールでは2005年より培ってきた指導ノウハウを生かし、その子にあった対策方法を、グループ指導・個別指導、志望校対策ゼミなど、各教室担当がご提案いたします。お気軽にご相談ください。

東京エリア 公立中高一貫校指導責任者 平塚 直之

公立中高一貫校
対策コース 受講料

  • 5
  • 6

受講料 月額12,960円(税込)/1教科(算数or国語)

  • ・指導期間は、2017年2月~2018年1月となります。
  • ・受講料のほかに、システム教材費・維持費・テスト費等が必要です。
  • ・受講料はエリアによって異なる場合があります。詳しくは各教室へお問い合わせください。

栄光ゼミナールの受検対策企画

栄光ゼミナールでは、通常授業にプラスして合格力を高めるための様々な受検対策企画を行っています。

夏の短期集中特訓(公立中高一貫校受検コース)

首都圏の公立中高一貫校受検志望者が集う夏期集中講座です。一日9時間、連続5日で適性検査対策だけに的を絞って、徹底的に勉強します。ここでは、これまでインプットした知識をアウトプットすることに特に重点を置き、秋からの過去問演習に必要なアプローチの方法や考え方を身につけます。

志望校別適性検査対策ゼミ

志望校の近くの教室に、その学校を受検する生徒だけが集まって、受検に直結する知識を確認し実力を磨く演習ゼミです。小学6年生を対象に、3月から前期ゼミ、9月から後期ゼミを開講いたします。栄光ゼミナールの合格実績を支える選ばれた教師陣が、高密度の授業を展開します。

東京都内公立中高一貫校を目指すならこちらの教室へ

合格体験談

公立中高一貫校受検対策

小6K.Iさん 都立桜修館中合格 大森校 公立中高一貫校対策コース

公立中高一貫校受検対策

小6S.Sさん 都立大泉高附属中合格 成増校 公立中高一貫校対策コース

都立公立中高一貫校 特別枠等選抜について ※2017年の情報を掲載しています

小石川中・白鷗高附中・立川国際中の3校には、一般枠以外の受験枠があります。
栄光ゼミナールでは、特別枠等選抜での受検者の対策も別途行っています。詳しくはお近くの教室にお問い合わせください。

栄光授業体験できます

2種類の体験授業をご用意しております。
まずは、栄光の授業を体験してください。

Aグループ指導

1ヶ月

ご希望のコース・教科をすべて体験できます。

受講料:
無料
教材費:
800円~6,500円(税込864円~7,020円)※1教科につき

B個別指導

1講座(80分×4回)

教師1人に生徒2人の個別指導を体験できます。

受講料:
1講座4,000円(税込4,320円)

※2講座まで体験できます。
※別途教材費等が必要です。

・専用フォームから学習についてのご要望をお聞かせください。
・パンフレットや、受講料・授業時間のご案内も無料でお送りいたします。

無料パンフレットお届け

教室ごとの時間割、受講料のご案内など
詳しい資料をお送りします。(無料)

栄光ゼミナール
総合入塾案内

資料請求していただいたすべての方にお送りいたします。

受講料・授業時間のご案内

各教室の授業時間や受講料を詳細にご確認いただけます。

※上記資料は一例です。時期、学年、地域によって異なる場合がございます。